目の下のクマと蒸しタオルの効果

MENU

蒸しタオルでの目の下のクマへの効果とは?どんなクマに効き目ある!?

目の下にクマを見つけてしまった時、あなたはどの様なケアをしますか?

 

常に目元を気にしている人なら、アイケア製品を常備しているかもしれませんね。

 

でも、アイケア製品を常備していなかったり買い置きが切れてしまっていたりする場合もありますね。
そんな時はどうすれば良いでしょうか。

 

人は会話する時、目を見て話しますよね。

 

目元は、表情だけでなくその人の印象も左右する大切な部位です。
目の下にクマがあるだけで、不健康な人に思われてしまうのは嫌ですよね。

 

目の下にクマができてしまう原因は色々あります。
ケア方法もいろいろありまうよね。

 

例えば、ニベアを使ったケア方法など。
詳細は【ニベアは最強のケア用品?目の下のクマにも効果あり?!】を読んでみてくださいね。

 

多くの人が思い浮かぶのは、寝不足などによる血行不良ではないでしょうか。

 

でも他にも、色素沈着や目の下のたるみによる影でも、クマはできてしまいます。

 

色素沈着やたるみによるクマの場合、アイケア製品などを使って気長にケアしてあげる必要があります。
でも、血行不良によるクマの場合は血行を良くしてあげればクマを解消することも出来ます。

 

目の下のクマの種類については【目の下のクマには種類があった!あなたのクマはどのタイプ?】を読んで下さい。

 

 

例えば、蒸しタオルを使ったクマの解消です。

 

蒸しタオルを使うことで、目の周りの血行を促進しクマを解消してあげるのですね。
やり方は難しくありません。

 

40度のお湯で10分温めたタオルを使います。

 

電子レンジを使って、蒸しタオルを作ることも出来ますよ。

 

厚手のフェイスタオルをジップロックに入れて、レンジで温めればOKです。

 

目元に置くのであまり熱すぎず、かといって温過ぎない様に温度調整津を行って下さい。

 

蒸しタオルは5枚ほど用意しておくと、続けて使用出来るのでストレスなく目元のケアを行えますよ。

 

目元のケアを行う時は、蒸しタオルと冷たいタオルを使います。

 

蒸しタオルを30秒顔に当てます。
その後、冷たいタオルを30秒顔に当てます。

 

これを、3回から4回繰り返して下さい。

 

蒸しタオルを使った目元ケアのポイントは、蒸しタオルと冷たいタオルを併用することですよ。

 

蒸しタオルのケアが終わったら、必ず保湿を行って下さいね。

 

それと、お肌が赤くなりすぎていたりした場合は、すぐに止めて下さいね。

 

蒸しタオルを使ったケアはクマだけでなく、眼精疲労やドライアイにも効果的です。

 

目の下のたるみは乾燥や眼精疲労によって起こると言われています。

 

蒸しタオルの後にアイケア製品を使ってケアしてあげると、より効果的ですね。

 

注意点は、やり過ぎないことです。

 

蒸しタオルを使ったアイケアも、毎日行わないで下さいね。
何日かに一度のスペシャルケアや、急な場合の応急処置と考えて行って下さいね。