寝ているのに目の下のクマが!

MENU

寝ているのに目の下にクマができる・・・。一体どうして?

目の下にクマがあると、相手に与える印象が悪くなりますよね。

 

「寝不足なんだろうな。」
と思われてしまいますね。

 

でも、きちんと寝ているのに、睡眠を充分とっていると思っているのに、
「なんでクマができてしまうのか判らない!」
と感じる人も少なくないですよね。

 

どうして寝ているのに、クマができてしまったのでしょうか。

 

 

クマができてしまうと、相手に与える印象は本人が思っているよりも悪かったりします。

 

寝不足であることが判る以外にも、ずいぶん疲れている印象を与えますし、かなり不健康に見えます。

 

顔全体がくすんで見えるので、実年齢よりもずいぶん老けて見られてしまうことも。
良い印象は与えられません。

 

目の下のクマができるのは寝不足だからと言うのは定説ですよね。

 

ちゃんと寝ているのに、クマに悩まされている人は多いんです。

 

でも、寝不足だけがクマの原因ではないのですよ。

 

クマと一言で言っても実は、種類があります。

 

睡眠不足や疲労やストレスが溜まっている時などに現れる、青クマ。
目の擦りすぎやメイクをキチンと落としていない事が原因で色素沈着してしまった、茶クマ。
目の周りの筋力が低下してたるみが出来る事で出来てしまう、黒クマ。

 

この様に、症状も原因も異なるのですね。

 

目の下のクマの種類の詳細については【目の下のクマには種類があった!あなたのクマはどのタイプ?】も読んで下さい。

 

原因が異なると言うことは、対処方法も異なります。

 

青クマの場合は、血行不良が大きな原因となります。

 

目の周りの皮膚はとても薄いので血行が悪くなるとうっすらと青く浮かんでしまいます。

 

寝不足はもちろん、疲労感や眼精疲労が強い場合は血行が悪くなるので青クマが発生しやすなります。

 

また、タバコを吸う人も血行が悪くなる傾向があるので青クマが出来やすいと言えます。

 

 

青クマを改善する場合は、目の周りのマッサージを行って血行を良くしましょう。

 

連続で長時間PC作業を行うのをやめ、適度な休憩を入れて目を休めてあげる事も大切です。

 

目だけでなく、体もゆっくり休ませて上げましょう。
健康の為にはバランスの良い食事が重要ですが、特に鉄分は血行を改善してくれるので積極的に摂取したいですね。

 

メラニン色素の沈着によって出来る茶クマは、なかなか消すことができません。
美白化粧品を使っても、完全に消し去るのは難しいでしょう。

 

アイメイクを行ったら、ちゃんと落とすこと。
クレンジングは、メイクがしっかり落ちる物を使うこと。
目を擦ったり触ったりする習慣を改善すること。

 

この様に習慣を改善して、茶クマを予防しましょう。

 

黒クマも改善が難しいクマです。
目の周りが弛まない様に、表情筋を鍛えましょう。
また、目の周りのエイジングケアを怠らないことが大切です。

 

 

「寝ているのにクマができた。」
と悩んでいるのなら、自分のクマの種類を判断して、適切な対処を行って下さいね。