目の下のクマとオロナインの効果

MENU

目の下のクマにオロナイン!効果は?目元に塗っても大丈夫?

目元の美しい女性は、顔全体が美しいと思いませんか?

 

顔の中でも目元は、多くの人が注目する部位になりますよね。
それなのに、目元は顔の中でも一番敏感な上、一番「老化」や肌荒れの起こりやすい部位になります。

 

目元が弛んだりすると目の下にクマができてしまい、実年齢より歳寄りに見えたりします。
とても不健康にも、見えてしまったりしますよね。

 

目元の老化や肌荒れのケアの化粧品は、たくさん販売されています。

 

目元専用の化粧品もあり、お値段のはる製品も少なくありません。

 

目元のシワやたるみに気付いたら、改めて目元ケア製品を買いに行かないといけませんね。

 

ところが最近、一家に1つは必ず置いてある「薬」を使って目元ケアが出来るとウワサになっています。

 

それは、「オロナイン」です。

 

 

昔から1つは常備されていて、小さな怪我や火傷、肌荒れなどに使われてきたオロナインです。

 

オロナインを使って目元のケアを行うことで、目の下のたるみやシワも解消しクマが改善されるというのです。

 

 

ご存知の通りオロナインは、やや固めのクリームですよね。

 

そのまま目の周りに使うには、固すぎるし成分も強すぎます。

 

オロナインを水で緩めて使うのです。
すると、肌に馴染みやすく乳液のように伸びがよくなります。

 

オロナインを適量手のひらにとって、水を2〜3滴たらして混ぜるだけなので、手軽に作れるのが良いですね。

 

ポイントは、水を多くしないことです。
乳液くらいの緩さが理想ですよ。

 

作ったオロナインは、顔全体に塗っても大丈夫ですし、目元だけに塗っても大丈夫です。
乾燥を防いでくれるので、目元のシワやたるみが解消するのと同時に、お肌がプルプルになりますよ。

 

ただ、オロナイン乳液にも弱点があります。

 

まずは、におい。

 

オロナインは、独特のにおいを持っていますよね。

 

目元だけなら、まだ我慢できるかもですが、顔全体となるとなかなか我慢できませんね。

 

そして、オロナインの本来の意味です。

 

オロナインは、患部を消毒し保湿する薬です。
薬は、怪我が治った後も使い続けたりしませんよね。

 

オロナインも、長期間使い続ける薬ではないのです。

 

気になる症状が治まったら使うのを止めた方が良いのです。

 

加えて、水に溶かしたオロナインが万が一目に入ってしまうと大変なことになります。

 

 

オロナインを使った目元ケアは、メリットもありますが弱点も多いですね。

 

できれば、ちゃんとした目元ケア製品を使いましょう。

 

オロナインでの目元ケアは、緊急時用と割り切った使い方が良いですね。

 

また、家にあるものといえば「ニベア」もありますよね。
ニベアを使った目の下のケア方法もあります。

 

詳しくは【ニベアは最強のケア用品?目の下のクマにも効果あり?!】を読んで下さいね。