目の下のクマの種類

MENU

目の下のクマには種類があった!あなたのクマはどのタイプ?

目の下にクマが出来ていると、それだけで相手に与える印象がかなり悪くなりますよね。

 

顔色が悪い、不健康そう、老いて見える・・・

 

自分としては良く寝ていて睡眠は十分とっているハズなのに、何でクマが出来てしまうんだろう。

 

そんな風に悩む人も多いそうです。

 

でも、クマの原因は寝不足だけではないんですね。

 

クマを解消したいのなら、クマの原因をキチンと理解しておく必要がありますよ。

 

 

まず、クマには3種類あります。

  • 黒クマ
  • 茶クマ
  • 青クマ

 

 

聞いたことがあるでしょうか。

 

クマと言って一番多く思いつくのは、たぶん青クマじゃないでしょうか。

 

青クマは、まさに血行不良が原因のクマです。

 

目の下には多くの毛細血管が集まっている上、とっても皮膚が薄くなっています。

 

血行が悪くなると、血液がうっ滞・血液が静脈に滞ってしまうのですね。

 

こうなると、青い毛細血管が目の下の薄い皮膚に透けて見えてしまうんです。

 

血行不良の原因は、冷えや生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れ、寝不足と色々あります。
最近だと、PCやスマホの見すぎで目の周りの筋肉が動かなくなり、血流が滞る事が多いそうですよ。

 

 

 

茶クマは、シミやくすみが原因のクマです。

 

目の下の皮膚はとても薄い上すごくデリケートなんです。

 

それなのに、目の周りは意外と擦ったりダメージを受ける事が多いんですよね。

 

アイメイクをしたりアイメイクを落としたりする時に、目の周りはとてもダメージを受けます。

 

ダメージを受けるとシミやくすみ・色素沈着を起こしやすくなりします。

 

積もり積もれば、茶クマになってしまうんですね。

 

 

一番思いつかないかもしれないのが、黒クマじゃないでしょうか。

 

黒クマは、加齢によるたるみが原因だったりします。

 

人の目にはまぶたの内側に眼輪筋と言う表情筋があります。

 

さらにその内側に、眼窩脂肪があります。

 

 

歳を重ねると眼球を支える靭帯は緩んできます。

 

眼球を支えきれず下垂ぎみになってきます。

 

元々目の周りは皮膚が薄く保水力も低いんですよね。

 

その上、1日に1万回以上瞬きをするので、たるみ易いです。

 

加齢で靭帯、皮膚、眼輪筋が緩んでしまうので、目の中の眼窩脂肪が眼球に押し出されてしまいます。

 

押し出された眼窩脂肪が影になり、それが黒クマなんですね。

 

上を向くとクマが解消されたように見える場合も黒クマです。
詳細は【上を向くと目の下のクマが消えた?!そのクマは〇〇だった!】を読んで下さい。

 

 

クマと一言で言っても、全く異なる原因の3種類があるんですね。

 

種類にあった対策をしないと、あまり意味がないのも理解できますよね。