目の下のクマの治療

MENU

目の下のクマの治療法!あなたはどの方法でクマを消す?

クマが出来てしまった人は、解消しようと色々試しますよね。

 

自分でも調べたりして、生活改善したり美白化粧品を使ったり。

 

 

それでもクマの解消ができない場合は、クリニックでの治療を試してみてはいかがでしょうか。

 

一言でクマと言っても原因は様々だったりします。

 

自宅で出来るケアにも限界があったりします。

 

そんな場合は、クリニックのドクターに相談した方が解決が早い場合もありますよ。

 

 

クマの種類によって、クリニックで行ってもらえる治療は異なります。
目の下のクマの種類については【目の下のクマには種類があった!あなたのクマはどのタイプ?】を参照にしてくださいね。

 

黒クマの場合、筋肉や皮膚の衰えが原因で目の下に影が出来てしまうクマです。

 

黒クマの治療には、経結膜脱脂法や経結膜的眼窩脂肪移動術、ヒアルロン酸注入、脂肪注入などの治療法があります。

 

 

経結膜脱脂法は、たるみによって出てしまった脂肪をまぶたの裏から取り出して減らす方法です。

 

切開する箇所も瞼の裏なので、傷跡も残りません。

 

 

経結膜的眼窩脂肪移動術は裏ハムラ法、経結膜的ハムラ法と呼ばれていたりします。

 

経結膜脱脂法と同じく瞼の裏を切開します。

 

違うのは、窪んでしまった部分に脂肪を移動させて影をなくす方法です。

 

仕上がりが自然でフラットになるそうですよ。

 

 

ヒアルロン酸注入、脂肪注入はどちらも、目の下の窪んでいるところに注入して膨らみを造りクマを解消する方法です。
ヒアルロン酸は時間経過と共に効果が減りますが、脂肪注入は半永久的な効果が持続するそうです。

 

 

茶クマ、青クマの治療には、レーザー治療などが用いられます。

 

メラニンや黒い色素に反応するQスイッチヤグレーザー、Qスイッチルビーレーザーなどを照射する方法です。

 

レーザーの働きで古い角質が除去されます。

 

これにより、ターンオーバーが促され色素沈着によるクマが改善されます。

 

 

血行をよくする方法として、ヤグレーザーピーリングと言う療法もあります。

 

古い角質がはがれやすくなり、熱作用でコラーゲンが増えます。

 

ハリが戻るのでたるみが解消されます。

 

ターンオーバーの乱れも改善され、血流も良くなるそうです。

 

ライムライトは、幅広い波長の光を顔全体へ複数回照射します。

 

シミやくすみを改善してくれるので、茶クマに有効です。

 

 

再生医療を使った療法もあります。

 

自分の血液を遠心分離機にかけ血小板などを抽出します。

 

これをヒアルロン酸注入と同じ様に目の下に注入します。

 

血小板には、線維芽細胞を活性化する成長因子が含まれているので、コラーゲンが増える事になります。

 

コラーゲンが増えれば、そこにハリと潤いが甦るのでクマが改善されるのですね。

 

 

クリニックに行けば色々な療法が合ったりします。

 

どうにもならないと思った時は、クリニックを訪ねて見ましょう。