上を向くと目の下のクマが消えた

MENU

上を向くと目の下のクマが消えた?!そのクマは〇〇だった!

目の下のクマがあると、相手に与える印象がかなり悪くなります。

 

人相が悪くなるのもそうですが、実年齢以上に老けて見られてしまいます。
クマが出来てしまう人の中には、食生活も気をつけているし睡眠も充分に取っているのにクマが出来てしまうとお悩みの人も少なくありません。

 

クマと言われると睡眠不足を想像する人が多いでしょう。
でも、睡眠不足が原因のクマは青クマと言い、クマの一種でしかないのですよ。

 

クマは、大きく3種類に分けることができます。

 

睡眠不足や血行不良、疲労の蓄積によって出来るのが、青クマです。

 

アイメイクをキレイに落としていない場合や、目を擦りすぎてしまう場合に、色素沈着を起こしてしまうのが、茶クマです。

 

そして、目の周りの皮膚が弛んでくぼみが出来てしまうことでできるのが、黒クマです。

 

クマの種類は判りましたが、実際自分のクマがどれに該当するのかを判断するのは意外と難しかったりします。

 

青と言うより青黒い感じだったり、赤黒い感じだったりすると、どのクマなのか判りませんよね。

 

皮膚科に言って判定してもらうのが一番簡単ですが、それもちょっと面倒ですよね。

 

黒クマの場合は、上を向く、光の当たり方を代えることで、判断することができます。

 

上を向くと、クマが薄くなった。
日によってクマの感じが異なる。

 

そんな症状の場合は、黒クマの可能性が高いですよ。

 

くぼみの部分に光が当たる具合が代わるので、クマの濃さも変わるのですね。

 

ちなみに、アッカンベーの様に目の下の皮膚を引っ張った時にクマが薄くなった場合は、青クマの可能性が高いですよ。
青クマは血行不良が原因なので、目の下の皮膚を引っ張る事が血行が促進されると薄くなるのです。

 

光の当たり具合を変えても、アッカンベーしてみてもクマの濃さが変わらない場合は、茶クマの可能性が高いです。
茶クマは色素沈着が原因なので、光を当てても皮膚を引っ張ってもクマの濃さが変わらないのですね。

 

クマの種類を判断する方法がわかりましたね。

 

今回は、主に黒クマの対処法をお伝えしたいと思います。
でも、クマ全般の対処法もあるので、一緒に見てくださいね。

 

黒クマは、目の周りの皮膚が弛んでしまうことが原因です。

 

できるだけ表情筋を鍛えることを日々意識しましょう。

 

また、目の周りのエイジングケアには力を入れたいですね。

 

他にも、血行不良は青クマの原因ですが、血行不良が続き目の下にたるみが発生すると黒クマもできてしまいます。

 

睡眠は充分にとり、目が疲れすぎないようケアしてあげることは大切ですよ。
これは、クマ全般に共通することです。

 

上を向くとクマが薄くなる場合は、黒クマケアをしてみてください。
目を労わってあげて、クマを解消して下さいね。